痛みを伴う治療から、苦痛や負担のないからだに優しい治療法へ─

はじめに、がん治療について

院長・木村専太郎
院長・木村専太郎 院長プロフィ−ル

当院では、平成20年1月から、がん患者に高濃度ビタミンC療法を施行して、よい結果を得ています。
我が国では1981年(昭和56年)以降、死因の第1位はガンになり、最近では3人に1人の割合でガンが原因で亡くなっています。
患者は大きな病院での最新のガン治療を行い、それが限界にきた場合、「手の施しようがありません!」と最終通告を受け、 ホスピスや自宅療養で余生を送るように言われます。
これが残念ながら現在「ガン難民」と言われる人々です。
「ガン難民」の患者やその家族は、藁をも掴む思いで、民間の色々の抗ガン剤治療に希望をつないでいます。
そこで最近日本に登場したのが、権威ある「高濃度ビタミンC療法」です。

高濃度ビタミンC療法とがん治療

高濃度ビタミンC療法による「がん治療」に関する、ご質問・ご相談を受け付けております

電話番号:050-7300-4782

受付時間:9:00〜13:00/14:30〜17:30(木曜・土曜は9:00〜12:30まで)

Copyright (C) 2008 Kimura Sentaro Clinic All Rights Reserved.
ページトップ